国連世界経済報告 1987年

国連世界経済報告

Add: ewowefaz74 - Date: 2020-12-01 20:02:37 - Views: 8434 - Clicks: 1233

World economic survey : current trends and policies in the world economy. 年: 国連通常予算に対する日本の分担率、20. 「環境と開発に関する世界委員会」(委員長:ブルントラント・ノルウェー首相(当時))が1987年に公表した報告書「 Our Common Future 」の中心的な考え方として取り上げた概念で,「将来の世代の欲求を満たしつつ,現在の世代の欲求も満足させるような開発」のことを言う。この概念は,環境と開発を互いに反するものではなく共存し得るものとしてとらえ,環境. の作成は、1987 年のブルントランド委員会. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 国連環境と開発に関する世界委員会の用語解説 - 国連環境特別委員会あるいはブルントラント委員会ともいう。 1984年,国連総会決議に基づいて設立された世界委員会。この委員会は,年以降の「持続可能な開発」を達成するための戦略を策定すると.

将来の世代のニーズを充足する能力を損なうことなしに、今日の世代のニーズを満たしうるような発展。 地球的規模での環境悪化が進展する中で、こうした発展の概念を明確に打ち出したのは、元ノルウェー首相のg. ミレニアム開発目標達成に向けて行われた努力をフォローアップするための特別行事の成果文書 (国連総会決議、年採択、a/68/l. 「環境と開発に関する世界委員会」(委員長:ブルントラント・ノールウェー首相(当時))が1987年に公表した報告書「Our Common Future」の中心的な考え方として取り上げた概念で、「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」のことを言うとされている。. コクレン セカイ ケイザイ ホウコク. 4) 「約束の遵守」 (事務総長報告、年、a/64/665). 世界の先住民の国際年: 1992年: 国際宇宙年: 1990年: 国際識字年: 1987年: 家のない人々のための国際居住年: 1986年: 国際平和年: 1985年: 国連年 国際青少年年: 1983年: 世界コミュニケーション年: 1982年: 南アフリカ制裁国際年: 1981年: 国際障害者年: 1979年: 国際児童年. 2-4.環境と開発に関する国連首脳会議の経緯 1972年6月 国連人間環境会議(ストックホルム) -「かけがえのない地球(Only One Earth)」 →人間環境宣言、世界環境行動計画、ローマクラブ報告書 1982年5月 国連環境計画(UNEP)管理理事会特別会合(ナイロビ). 1988年国連事務総長年次報告 ハビエル・ペレス・デクヤエル.

の世界初の国際的ハンドブックであった。 (2) seea. 1987年国連事務総長年次報告 ハビエル・ペレス・テグエヤル. はじめに 年9月25日(現地24日)は、特別な日となった。国連関係機関や政 府関係者のみならず、社会活動団体や経済団体など一般市民の意見も吸い上. 全文 :英語. 1987年までの約4年間で合計8回の会合が開かれ、その後にまとめられた報告書"Our Common Future"(邦題『 国連世界経済報告 地球の未来を守るために 』)では、環境保全と開発の関係について「将来世代のニーズを損なうことなく現在の世代のニーズを満たすこと」という「 持続可能な開発 」の概念を打ち出した。この概念はその後の地球環境保全のための取組の重要な道しるべとなった。. 1987年に国連「環境と開発に関する世界委員会」において「持続可能な発展」が定義。 1992年の地球サミットで「持続可能な観光における指標開発のための国的 tf」が結成。 その後、unwtoを中心に持続可能な観光指標(sti)※の開発に取り組まれる。. しかし、きょう発表された国連の「世界経済状況・予測(World Economic Situation Prospect, WESP)」によると、リスクを抑え込むことができれば、年の世界の経済活動はわずかに持ち直す可能性もあります。.

委員会は1987年の総会に宛てた報告のなかで、自由な経済成長だけに基づく開発に代わるものとして「持続可能な開発」という新しい概念を提唱した。総会はその報告を審議し、国連環境開発会議 ―地球サミット― の開催を要請した。. 1972年 に発表した「成長の限界」報告である1). 1990年国連事務総長年次報告 ハビエル・ペレス・デクヤエル.

WCEDレポート(持続可能な開発)の提出(1987年) 環境と開発に関する世界委員会(WCED/委員長:ブルントラント・ノルウェー元首相)は1984~1987年までの4年間、精力的な活動を行い、その報告書「我ら共有の未来(Our Common Future)」を国連総会に提出しました。. 1990年から年にかけ、世界の妊産婦死亡率は44%減少したほか、5歳未満児の死亡率も半分以下に低下しました。 とはいえ、年の時点でも、5歳未満児590万人が死亡し、そのほとんどが予防可能な原因によって命を失ったと見られています。. この 報告は,い わゆるシステム・ダイナミクスの手法を用 いて世界の人口・経済・資源・環境・土地の将来像を 描き,こ のままの成長が進むと21世 紀にはいずれか の側面で破局を生ずる可能性が高く,成長の.

2 の報告に端を発し、1993 年に「国民経 済計算ハンドブック:環境・経済統合勘定(seea93)」が国連統計部から公表され、 世界人口は今から30年前の1987年に50億人に達しました。現在、世界人口は76億人で、依然増加を続けており、年には98億人と推計されています。 国連はほぼ2年おきに人口推計を発表しています。. 「国連・障害者の十年」の中間年に当たる昭和62(1987)年10月には,スウェーデンで行われた専門家会議 の報告をもとに,「世界行動計画」の実施状況について,第42回総会に中間報告が行われた。. されます。この流れは第2回世界女性会議(1980年コペンハーゲン)、第3回世界女性 会議(1985年ナイロビ)の開催と「国連女性のための10年(1976年~1985年)」の 制定につながっていきます。1987年以降、cswは国連機関全体で女性のエンパ. 日本の提案によって設けられた国際連合の「環境と開発に関する世界委員会」(WCED = World Commission on Environment and Development、委員長のブルントラント・ノルウェー首相(当時)の名前から「ブルントラント委員会」と通称される)が1987年に発行した最終報告書“Our Common Future”(邦題『地球の未来を守るために』、通称「ブルントラント報告」)では、その中心的な理念. 本書は,世界各国の人口,経済,社会,文化などの実情や世界における 我が国の位置付けを知るための参考となる様々な統計を簡潔に編集した ものです。 国際連合などの国際機関では,各国に対して定期的に統計データの報告. 国際連合(以下「国連」という。)は、1970年代ごろから障害者施策の推進に係る議決等を何度も行い、国際的な影響を与えてきたが、昭和51(1976)年には5年後の昭和56(1981)年を国際障害者年と定め、各国の取組を求めることになった。 我が国では、これを受けて、政府において当該年の関連施策推進のため、「国際障害者年推進本部」を総理府に設置すること等を定めた「国際障害者年の推進体制について」を昭和55(1980)年3月に閣議決定し、昭和56(1981)年、関係行事・事業が行われるなど、障害者施策の総合的推進が一層大きく進むこととなった。 国際障害者年は、障害者理解の促進を中心としたものであったが、同時に、それまで比較的障害種別に分かれて活動していた障害者団体・障害者関係団体が国連障害者年推進の事業のため一つにまとまって活動する機会にもなった。これはその後の多くの障害者団体同士の連携機運を高めたといわれている。 国際障害者年の翌年、昭和57(1982)年12月、国連において、引き続き障害者に関する問題に取り組んで行く必要から、昭和58(1983)年から平成4(1992)年を「国連障害者の十年」と定め、「障害者に関する世界行動計画」が策定された。 これを受けて、政府は、国際障害者年推進本部の決定として、昭和56(1981)年、国として初の本格的な長期計画を策定し、障害者施策への取組を進めていくこととした。 また、同年4月、国際障害者年推進本部は改組され、内閣総理大臣を本部長とする「障害者対策推進本部(平成8(1996)年に障害者施策推進本部と改称。以下「施策本部」という。)」が設置され、障害者施策を総合的かつ効果的に推進することとした。 「国連障害者の十年」の中間年である昭和62(1987)年には、施策本部は「後期重点施策」を策定し、長期計画の下、後期に重点的に行うより具体的な計画を定めた。 これはのちの長期計画でも、その下に重点施策についての5か年計画を設けることにつながり、障害者基本計画(第2次)まで引き継がれていった。 なお、これらの計画は政府が設けた、有識者等による当時の中央心身障害者対策協議会(のちに「中央障害者施策推進協議会」と改称し、平成11(1999)年にいったん廃止になったものの、後述のとおり平成16()年にあらためて内閣府に設置された。. See full list on www8.

1987年に「環境と開発に関する世界委員会」が作成した「 ブルントラント委員会報告書(われら共有の未来);Brundtland Report(Our Common Future)(4061KB) 」(英語)も、環境原則の基礎を作り上げました。この画期的な報告書は、人間が生活とビジネスのやり方を. 障害者団体などから「国連障害者の十年」終了後の新たな「国内行動計画」を策定すべきとの意見が出され、また、我が国も共同提案国となっていた「アジア太平洋障害者の十年」(1993年~年)の決議が採択されるなどの動きに対応し、協議会は、これまでの取組の成果を踏まえ、長期的な障害者施策の在り方について検討を行い、意見具申を行った。これを受けて、施策本部は、平成5(1993)年度からの10か年を見据えた「障害者対策に関する新長期計画」を策定し、障害者施策の一層の推進を図ることとした。 一方、社会の進展等により、心身障害者対策基本法は、平成5(1993)年に改正が行われ、法律の名称が「障害者基本法」に改められ、 法律の目的として、障害者の自立と社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動への参加の促進を規定し、障害者の「完全参加と平等」を目指すこととしたこと、 法律の対象となる障害を、身体障害、現在の知的障害又は精神障害としたこと、 基本理念として、障害者は、社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会を与えられる旨規定したこと、 国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるために12月9日を「障害者の日」と規定したこと、 政府は障害者の福祉等に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、障害者基本計画を策定しなければならないとし、地方公共団体においてもこれに準じた計画の策定に努めなければならないとしたこと、 雇用の促進等、公共的施設の利用及び情報の利用等の分野における国及び地方公共団体の責務の規定を整備するとともに、事業主に対し、これらの分野における所要の努力義務を規定したこと、 障害者に関する基本的・総合的な施策の樹立について調査審議する「心身障害者対策協議会」の名称を「障害者施策推進協議会」に改めるとともに、その委員又は専門委員について、障害者又は障害者の福祉に関する事業に従事する者からも任命する旨を規定したことが主な改正点であり、国会において平成5(1993)年11月26日、全会一致で可決された。 なお、「新長期計画」は、この法改正における「障害者基本計画」として取り扱われることとなった。. SDGsは国連初のコミュニケーション・デザイン KEI F OURNA ol. 1987年(1987 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年。 昭和62年。. 同委員会は、1987年に報告書『我々の共通の未来』を国連総会に提出し、その中で「持続可能な開発」を以下のように定義しました。 「将来の世代が自己の必要性を充足する能力を損なうことなく、現在の世代が必要性を充足することのできる開発」. 第2次計画の前・中期に成立した主な障害者に関係する法律等として、次のようなものがある。 従来、身体障害、知的障害、精神障害という三つの枠組みでは的確な支援が難しかった発達障害のある人に対しては、平成16年に制定された「発達障害者支援法」において、その障害の定義を明らかにするとともに、保健、医療、福祉、教育、雇用等の分野を超えて一体的な支援を行う体制が進められている。 生活支援の分野においては、就労支援の強化や地域移行の推進を図ることを目指して、平成18年に「障害者自立支援法」が施行され、福祉サービス体系の再編など、障害のある人が地域で安心して暮らせるよう、福祉サービス提供体制の強化等を図ってきた。 同法の施行後、法の定着を図るため、激変緩和のために累次の対策を講じ、利用者負担の軽減や事業者の経営基盤の強化などを行った。 生活環境の分野においては、平成18年6月「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー法)が成立し、同年12月から施行された。これにより、当事者の参画による基本構想の策定や、公共交通機関、道路、建築物のみならず、都市公園、路外駐車場を含め、障害のある人等が日常生活等において利用する施設や経路を一体的にとらえた総合的なバリアフリー化の推進等が図られることとなった。 教育・育成の分野においては、障害のある幼児児童生徒の一人一人の教育的ニーズに柔軟に対応し、適切な指導及び支援を行うため、従来の盲・聾・養護学校の制度を特別支援学校の制度に転換すること等を内容とする「学校教育法等の一部を改正する法律」が平成18年6月に成立し、19年4月から施行された。 また、平成18年12月には、「教育基本法」が全面的に改正・施行され、障害のある幼児児童生徒についても、その障害の状態に応じ十分な教育を受けられるよう、必要な支援を国及び地方公共団体が講じなければならない旨が、「教育の機会均等」に関する規定に新たに明記された。 さらに、この改正教育基本法の理念の実現に向け、おおむね10年先を見通した教育の目指すべき姿と、平成20年度から24年度までの5年間に政府が総合的かつ計画的に取り組むべき施策について示した「教育振興基本計画」が20年7月に閣議決定され、平成25年6月には、第2期計画へと引き継がれた。 雇用・就業の分野においては、「障害者の雇用の促. 平成14年、「新長期計画」が終期を迎えることから、障害者、障害者福祉関係者、学識経験者等からなる「新しい障害者基本計画に関する懇談会」が開催され、また各省庁からなる検討チームを設け検討を行い、同年12月に平成15年度から24年度を期間とする「障害者基本計画」(「第2次計画」)が閣議決定、「重点施策実施5か年計画」が施策本部決定された。 この第2次計画は、計画期間を平成15年度から24年度までの10年間とし、新長期計画の理念である「ノーマライゼーション」、「リハビリテーション」を継承するとともに、国民誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う共生社会の理念の下に、障害のある人が社会の対等な構成員として人権を尊重され、自己選択と自己決定の下に社会活動に参加・参画し、社会の一員として責任を分かち合う社会の実現を目指している。 障害のある人の社会への参加・参画を実質的なものとするためには、障害のある人の活動を制限し、社会への参加を制約している諸要因を除去するとともに、障害のある人が自らの能力を最大限発揮できるよう支援することが求められる。 国民誰もが同等に参加・参画できる社会は、行政だけでなく企業・NPO 等すべての社会構成員がその価値観を共有し、それぞれの役割と責任を自覚して主体的に取り組むことにより初めて実現できるものであり、国民一人一人の理解と協力を促進し、社会全体としてその具体化を着実に推進していくことが重要である。 国連世界経済報告 1987年 以上のような考え方に立って、4つの横断的視点、4つの重点的に取り組むべき課題を定めている。 「横断的視点」としては、 社会のバリアフリー化の推進、 利用者本位の支援、 障害の特性を踏まえた施策の展開、 総合的かつ効果的な施策の推進、であり、「重点的に取り組むべき課題」としては、 活動し参加する力の向上、 活動し参加する基盤の整備、 精神障害者施策の総合的な取組、 アジア太平洋地域における域内協力の強化、となっている。 第2次計画は、その下により詳しい数値目標を設けた「重点施策実施5か年」を施策本部決定して、施策の推進を図ってきた。内閣府においては、分野別施策として約580にものぼる個別施策の推進状況を確認し、ホームページに公表してきた。 平成5年の改正から11年を経て、障害のある人の社会への参加、参画を. 1989年国連事務総長年次報告 ハビエル・ペレス・デクヤエル.

1982年の国連環境計画管理理事会特別会合(ナイロ ビ会議)が開催され,1984年には,「環境と開発に関す る世界委員会( World Commission on Environment and Development)」が設置され,1987年に最終報告書「我ら 共有の未来(Our Common Future)」(ブルントラン. 1%成長しました。これは年以来、最大の成長率に当たります。 年時点で、全世界の労働者の61%は、インフォーマル雇用に就いています。. ブルントラントを委員長とする国連世界環境開発委員会が1987年に作成した. に関するワーキンググループの報告の中にある結 論と勧告に留意し,経済社会理事会が1991年 の前 半に第12回 国連アジア太平洋地域地図会議を開 催すべきことを勧告する。 b会 議は域内の開発途上国の多くが参加しなけ.

国連「環境と開発に関する世界委員会(ブルントラント委員会)」は1987年、報告書「われら共有の未来」の中で、持続可能な開発(sustainable development)という概念を提唱した。. この用語が広く一般に認識されるようになったきっかけは、1987年に国連の「環境と開発に関する世界委員会(ブルントラント委員会)」が公表した報告書「我ら共有の未来(Our Common Future、ブルントラント報告書)」であるといわれています。. 〔特別報告〕 60 連防災世界会議において、横浜戦略のレビュー を完結し、21世紀の防災指針、実行のための行 動計画が策定されることになったのである。 ii 国連防災世界会議の概要 年1月18日、第2回国連防災世界会議の開 会が宣言された。.

/b9cf29c04-60 /236 /229-665dd1b115 /133f23306598

国連世界経済報告 1987年

email: hylovy@gmail.com - phone:(837) 179-4047 x 9060

80人の専門家に聞きました 命を守る!最強の食事 文藝春秋クリニック - 川端裕人 ニコチアナ

-> フランス語フランス文学研究文献要覧 85/86 - 日本フランス語フランス文学会
-> U-CANの 食生活アドバイザー検定 3級 速習テキスト&問題集<第2版> - ユーキャン食生活アドバイザー検定試験...

国連世界経済報告 1987年 - エアポートハンドブック 関西空港調査会


Sitemap 1

古代は箸墓に眠っている - 保坂俊三 - 紙の箱と器 和田恭侑